Top

<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

テールライト
ここのところ、微妙に更新頻度が高まっているこのブログ
ちゃんと書けば見に来て頂けるんだな、やっぱり。
と云う訳で、何か書いてみようかとログインしてみたものの、どうもパッとしたネタが見当たらないので、最近車を運転中に見つけた小ネタをご披露したいと思う。

今年の6月ま10年程乗り続けたハイエースが足回りがしゃきっとせず、運転していて不安感が伴うようにまでなってきたので、6月の車検を受けずに買い換える事とした。
その頃はブログのエントリがほとんど出来ていない時期だったので、エントリにもしていなかったが、知り合いに紹介してもらった中古車屋で何台か見ながら、最終的にはカムリ・グラシアなる2.5L/V6の大柄なワゴンと、初代イプサムの2台に絞り込んだ。
グラシアは試乗してみれば結構速い車だったし、何といってもフル装備、サンルーフ、革張りのパワーシート、オートドライブ、ナビ付でフルタイム四駆の超豪華仕様。
対するイプサムは絵に描いたようなファミリーカー。
しかしながら走り自体はそんなに悪くもない印象だった。
まあ普段が足回りぼろぼろのディーゼルのハイエースなんだから、何を運転しても快適に感じるのかもしれないが…

いずれにしても、7〜8万キロ走り込んだ低年式の中古車なのだが、それでも車検を取って諸費用を含めれば60万ぐらいにはなるという。
結局その日には決められず、2日ほど大いに悩んだ末、ランニングコストやメンテナンス費用、税金等の差と、その当時教習所通いをしていた長女が、グラシアを選んだとすれば、そのでかい図体を持て余すであろうとの予測から、7人乗り(別に多人数乗車できることを重視した訳ではないのだが、屋根の高いスペーシーな車は、最近大抵3列目のシートを持っている)のイプサムをオーダーする事としたのであった。
d0022345_1920747.jpg

10日程待って、その初代の初期型イプサム(4WD・2L)はサービスで付けてくれた中古のナビ(初めてのお客さんの所に行くのに大変重宝している)とスタッドレスタイヤ(雪国では車を替えたときこれも考えておかねばならない)を載せて我が家のものとしてやって来たのである。
って、今日はそんな話をしようとしてた訳ではない。

最近の車は、そんな近八のロートル車とは違い、外装にも色々と目新しいものを纏っている様である。
例えば最近の乗用車はほとんどがドアミラーにターンランプを装備している。
これは多分メルセデス辺りが先鞭をつけたのではないかと推測している(ここ何年も自動車雑誌なるものを購読していないので)のだが、結構グッと来るものがある。
しかし悲しいかなファミリーカーとして一般に認知されている初代イプサムには、社外品のパーツやアクセサリーがほとんどない様だ。

と、これも今日書こうと思った事ではないのは、このエントリのタイトルをご覧頂ければお判りの通り、ここにご来訪の賢明なるブロガー諸氏には既に明白であろう。
そう「テールライト」である。
車の電装品の中でも、ランプ類は確実にハイテク化している様である。(くどい様だが最近自動車雑誌を…(以下略))
d0022345_1910975.jpg
ヘッドライトしかり、シグナル類しかりである。
巷でよそ様のピカピカな乗用車を見るにつけ、ターンライトやブレーキライトのLED化が進んでいる様で、妙に眩しい想いをしなければならなかったりする。
で、何を見つけちゃったかというと、ここ金沢は、加賀藩前田家のご当地、その家紋は剣梅鉢なのである。

d0022345_19115397.jpg
とある休日、近所を運転中に何気なく前を走る車のテールライトに注目するとその車がブレーキを踏んだ瞬間にその車のブレーキライトが点灯した(至極当たり前だぁ)。
で、そのブレーキライトが何と梅鉢の紋に見えるのである。

その車はと云えば、最近モデルチェンジをして2代目となった新型ヴィッツなのである。
d0022345_19112763.jpg

皆さんも、新型ヴィッツの後ろに付いたら是非ご注目を。
その車に金沢ナンバーでも付いてた日にゃ〜、あぁた!
金沢人として感激する事間違いなしってもんですぜ?
d0022345_14514581.jpg

ってな訳で、本日のエントリはこれにて一巻の尾張名古屋は前田家のルーツ!
失っ礼致しましたぁ〜〜。

このエントリで金沢のヴィッツ販売が上向きになったとすれば誠に悦ばしいことで、トヨタ並びにネッツ関係者様から何らかの付け届けがあっても近八としては何の異存もなく受領する覚悟でございます。

下のバナーをクリックして頂くと近八書房のブログ・ランキングがアップします。
よろしければクリックしてみて下さい。


人気ブログランキング/サイト検索/記事検索が使えるブログ総合サイト。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログへ


-ぶろーぐ- ブログ専門検索エンジン&ランキング
[PR]
by chikahachi | 2006-11-30 19:20 | とりとめない事柄

日本語入力システム
先日は近八書房に待望のMacBookが到着したばかりで、ついつい浮き足立ったエントリを建ててしまったが、未だに地に足は付いていない様だ。
先日のエントリでは久しぶりに使ったMac純正の日本語入力システムである「ことえり」に対して悪態をついてしまったが、それにはいくつかの理由がある。

最も大きな理由は、新しいMacの購入なり、OSのアップデートをした時に、先ずしなくてはならない事にユーザー登録があります。
ところが私の場合Macでこれをやると、私の名前の中の一字である隆(たか)が「ことえり」では「たか」のままでは変換候補に挙がってこない。
仕方なく「りゅう」とか「たかし」書き換えて変換するしかないのである。
これは自分の名前を置き換える事になるので、入力する上で結構心理的なストレスを感じる事になる。

それでもまあ変換して、次に会社名(オプション)を入れる段になると、事態は更に深刻な局面を迎える(汗)。
近八書房」なんぞ、そのまま「ちかはちしょぼう」と入力しても金輪際変換出来ない。
当然「きんはち」とか「こんはち」とかで変換するのでいつまで経っても「ちかはちしょぼう」→「近八書房」への変換は学習すらしてくれない訳である。
まあ、「近八書房」→「ちかはちしょぼう」と屋号を単語登録すればいいっていう事ではあるが、単漢字でのこの変換候補の少なさや、デフォルトでの変換効率の悪さはどんなもんなのだろう。
とにかく、ユーザー登録の段階からこれでは嫌にもなろうというものだ。
(「近八の読み方」というエントリはこちら近八書房の屋号の由来はこちらへ)
d0022345_12144873.jpg
そんな訳で2〜3日前に注文しておいたIntelMacにも対応した新しいATOK2006が到着し、インストールして漸く日本語入力にストレスを感じる事はなくなった。
これでどうにか元のPowerBookとほぼ同じ作業環境に戻す事が出来た訳である。


(ちなみにこの写真は、iSightなる内蔵カメラで撮ってみた)

古書店という職業柄近八書房では商品名をその時代のままの旧漢字で表記する事が多いので、標準の環境ではどうしようもない。
その点は、Windowsに標準のMS-IMEはもう少し賢い様である。
今回のATOKは、IntelMacユーザー狙い撃ちの5000本限定Mac+Win版だったので、そのうちWindows環境にもインストールしてみようと思っている。

ところで今回のATOK2006には、前回のバージョンで付いてきていた話し言葉関西以外にいろんな地方の話し言葉が選択できる様になっている。
すなわち、話し言葉中部北陸では、近八書房が在住する金沢の方言ので入力しても誤変換しないという事の様である。
という事でやってみた。
d0022345_12291744.gif

例文
何ゆうとるがや、そんな事ないぞいや。
(何を言ってるんだ、そんな事ないだろ。)
一般
何遊トルが屋、そんな事内沿いや。
話し言葉
何遊トルが屋、そんな事ない沿いや。
話し言葉中部北陸
何ゆうとるがや、そんな事ないぞいや。

おお!ちゃんと変換されとるがいね。
これやったら邪魔ないぞいね!
これぐらいスムーズに変換してくれるがやったら、快適やとこと。
みんなも使うてみたらいいがにね。
値段もそんなに高くないげんて。

といった具合でなかなか大した物である。
これにより中部北陸地方でのATOKのシェアが僅かでもアップした暁には、近八書房ジャストシステムより何らかの付け届けを送って頂くのは(こちらとしては)一向に差し支えないので、是非ともご検討の程、お願いしたい(笑)。

<追記>
こことかここに記載されている日本語入力システムの歴史がなかなか興味深い。

下のバナーをクリックして頂くと近八書房のブログ・ランキングがアップします。
よろしければクリックしてみて下さい。


人気ブログランキング/サイト検索/記事検索が使えるブログ総合サイト。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログへ


-ぶろーぐ- ブログ専門検索エンジン&ランキング
[PR]
by chikahachi | 2006-11-29 12:29 | PC & Web & Mac

物欲ついに暴発!
ずいぶん前のエントリではあるが、アップルコンピュータの新しいラップトップであるマックブックの発売を取り上げ、物欲が刺戟されまくっている旨、書き連ねた。
そのマックブック11/8にマイナーチェンジを果たし、CPUにインテルの最新チップであるCore2Duoを搭載してしまった。
d0022345_19203236.jpg

旧モデルとの違いは、これだけに留まらず、HDDの容量アップやRAMの倍増(最下位モデルを除く)DVDドライブのDL化等(最下位モデルはコンボドライブ)でなかなか魅力的な内容になったにもかかわらず、価格は据え置き(最下位モデルのみ5,000円アップ)とかなり挑発的。

また、真ん中のモデル(以下竹と呼ぶ)と最上位モデル(以下松と呼ぶ)のHDD容量が60GBと80GBから80GBと120GBに変更されたため、ブラックな松モデルと白い竹モデルでHDDの容量を揃えるカスタマイズを行った時の価格差は、従来の13,700円からなんとわずか1,100円へと縮まり、事実上ほとんど差がなくなった。

従来から愛用してきたPowerBookG4もさすがに寄る年波には勝てず、バッテリーの持続時間が半分以下になるは、左右のヒンジの根元にクラックが入っていたのがだんだん悪化してきており、液晶パネルの開閉時にギィィ〜〜と不気味な音を立て、いつバッキリと割れても不思議ではない状況になっていた事もあり、マイナーチェンジの3日程前に行きつけのパソコンショップで購入をしそうになる程に気持ちは傾いていたのだが、そんな買気の客になぜか店員が寄り付いてもこないのだ。
結局USキーボードのカスタマイズしたいという欲望には勝てず、その時はその場を立ち去った。
もしこのとき購入をしていたら、1週間後のニューモデル発表を見て大いに挫折感を味わっていたであろうから、本当にあのショップには感謝したい(笑)。

この事柄にも背中を押され、11/10深夜に焼酎を舐めながらAppleの直販サイトであるThe Apple Storeを覗いていたら、不覚にも?黒松モデル(US Key)の購入ボタンをポチッとクリックしてしまった(汗)。
ああ、なんという事をとも思ったが、まあ3〜4年ぶりの新機種購入、しかも上級モデルのマックブックPro(15inchで25〜31万)には行かなかった自分を、取り敢えずは褒めてやる事にした。

それから待つ事10日間、11/21漸くヤマト便にて到着とのメールが入り、定休日だった事もあり、配達を待ちきれずに営業所までとりにいくという暴挙に出、待望のご対面と相成った。

開梱の感激もそこそこに、早速起動、その速さに3年余の歳月の流れを感じつつ、環境の移行に入った。
インテルMacとPowerPC Mac間では、OSX(10.4)に付属の環境移行ツールを使うと不具合が出るかもとの情報もあったが、まあダメなら初期化してリストアしてやればいいやと、無謀にも環境移行ツールを使ってみたが、今の所特に何の問題も出ていない。
d0022345_18581942.jpg

さて、CPU&チップセットがインテル製となった事での最大の恩恵は、Appleが提供しているBootCampなるツール(β版)により、BIOSではなく、EFIなブートシステムのインテルMac上でWindowsXPがネイティブ起動する事である。
つまりインテルMacではMacOSXWindowsXPのデュアルブートが可能なのである。
これは試さずにはいられない。
早速WindowsXPのOSパッケージを入手し、インストールしてみた。
d0022345_18585553.jpg

これもうまくインストール出来ない等の情報があったりして、懸念していたのだが、案外あっさりとインストール出来てしまい、従来からMacには未対応だったGyaoのオンライン配信もWin上では当然の事ながらすんなりと再生出来てしまう。
さすがに最新のハードウェア環境だけあって、特に駒落ちや音声の途切れが生じる事もなく、大変快適である。
d0022345_1859365.jpg

セキュリティソフトが未入手なので、あくまでサブ的な環境ではあるが、これで様々な互換性の問題等をこの1台でクリア出来るのは誠に喜ばしい事である。
従来からのPowerBookG4には、第一線から退いて頂き、従来WinなPCが担っていた、店内HP表示&BGM(iTunesでネットラジオ)再生を当面は担当してもらい、その内ファイルサーバかプリントサーバとして余生を送って頂くつもりでいる。
BGMとしてのiTunesでのネットラジオ再生も、従来のWin機と違い、ほとんど接続が切れる事がなくて、誠に快適である。

それにしても、メモリは標準で1GB(512MB×2、最大2GB)、HDDはインターフェイスがSATAになり標準で120GB/5400rpm(最大200GB/4200rpm)とは、大変なご時世である。

ともかくサイズが小さくなった事で多少軽くなってくれた事と、バッテリーが3時間近く持ってくれるのが、外へ出たときに嬉しい。
逢う人ごとに起動を切り替えてWinな画面を見せ、一人ハイな気分になっている自分が多少情けなくもあるが、まあ久しぶりのこと故、このところのchikahachiに逢った方は何卒ご容赦の程お願いするものである(汗)。

既に注文してあるATOKがまだ未着なので、Apple純正のIM、ことえりで久しぶりに変換をしているのだが、これがまた使えない(汗)。
早くATOKが来なけりゃ仕事にならないのだ。
従来からのはインテルMacに対応していないし(鬱)...

なにはともあれ、2000年のPowerbookG3(Pismo)以来の黒いラップトップには大満足。
トラックパッドの手垢が気になりますが、まあご愛嬌って事で。

途切れがちなエントリで誠に心苦しくはあるのですが、クリックして頂ければ幸いです。

人気ブログランキング/サイト検索/記事検索が使えるブログ総合サイト。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログへ


-ぶろーぐ- ブログ専門
検索エンジン&ランキング
[PR]
by chikahachi | 2006-11-25 19:00 | PC & Web & Mac


古書店の店先を日々通り過ぎてゆく書物や、金沢の風物、事象など思いつくままに書き綴って参ります。        
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 Access Counter


ブログパーツUL5

 Since June 4, 2006

プロフィール


近 八 書 房
(ちかはちしょぼう)

〒920-0854
石川県金沢市安江町1-11
住所をクリックして頂くと近八書房の周辺図が表示されます
TEL/FAX
  076-231-6148
Mail chikahachi@mac.com

AMAZON
近八書房のAmazon
マーケットプレイス
出品一覧はこちらへ!


金沢商店街物語商品一覧
近八書房の
金沢商店街物語
商品一覧はこちら!


「石川の古本屋」
近八書房のページは
こちら


近八の古書徒然日記
URLのQRコードです。
携帯電話へのご登録に
お使い下さい。
近八書房QRコード


ランキング

ブログランキングサイトに登録しました。
下のバナーをクリックして頂くとこのブログのランキングが上がります。
よろしければクリックしてみて下さい。


人気ブログランキング/サイト検索/記事検索が使えるブログ総合サイト


にほんブログ村
本ブログ


にほんブログ村
古本・古書

ぶろーぐ
-ぶろーぐ-ブログ専門
検索エンジン
&ランキング


エトセトラ

ふらっとバス

作ってみませんか
ふらっとバスの
ペーパークラフト


金澤表参道
古本屋が切り取った
金澤表参道の日々


ウィンドウ・ワークショップ
ウィンドウ
ワークショップ
プロジェクト
in 横安江


横安江町絵看板物語
横安江町絵看板物語


リンクなど


金沢商店街物語


横安江町商店街


石川県古書籍商組合


日本の古本屋


アマゾンに出品中!


居酒屋きんた


恩田の森


郷秋<Gauche>の
おもちゃ箱



遠田幹雄です。
どもども、
ドモドモ(^^)v



二代目社長
アドバイザー
リハル。



オーダーシャツ屋
金港堂の日々発見
体をシャツに
合わせるか?
シャツを体に
合わせるか?Ⅱ



富田酒店 我がの
「みちくさ」こそ
我が人生


NEO物語

美味い♪ | akkoのブログ


あるじのブログ

フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
金沢武蔵の人の流れが変わ..
from 中小企業診断士の遠田幹雄です..
総務省
from らんの日記
iPod Touch発表!!
from ぬるいSEの生態
PS3米ダウンロード人気..
from スーパーサイヤ人
地震の石川県金沢市。太陽..
from メガネ店長・金沢鳴和から
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧