Top

タグ:金沢 ( 57 ) タグの人気記事

謹賀新年
明けましておめでとうございます。
今年は、金沢としては異例に良い天気の新年を迎える事が出来ました。
d0022345_14245531.jpg

という訳で、初詣はどこも大行列です。
尾山神社などは山門から行列がはみ出して、参道にまで繋がっておりました。
こんなに長い行列、初めて見ました。
受験生を抱える我が家としては、やはり金沢神社ということで、行ってきましたが、ここも大行列。

d0022345_14272146.jpg元旦と晴天が重なりどの神社も大盛況、金沢神社もご同様。
金沢神社加賀藩十一代藩主前田治脩公により、前田家の遠祖とされる学問の神、菅原道真を祀って文政年間に創建され、明治七年に現在の名称に改称されるまでは竹沢御殿御鎮守天満宮と称されていました。
d0022345_14274346.jpg
家内安全の稲荷大明神と金運・災難よけの白蛇竜神も祀つられておりますが、何といっても菅原道真公が祀られているので、境内には合格祈願の絵馬も沢山奉納されています。
意外にも現在の様に学業成就の神として広く崇敬されたのは昭和後期からとの事。
d0022345_14285227.jpg

こちらは金沢の地名の由来ともなった金城靈澤
金沢神社のすぐ横にあります。
d0022345_1430612.jpg

昔々、山芋を掘って生計を立てていた藤五郎なる人物がこの泉で山芋を洗ったところ、山芋の土から砂金が採れたという「芋掘り藤五郎」の伝承、砂金を洗った金洗の沢が地名の起こりだと言われています。
金沢神社、金城靈澤のいずれも兼六園の一角にあります。

今年一年が、この元旦の晴天の様に清々しく晴れ渡った一年であります様に。
[PR]
by chikahachi | 2006-01-01 13:28 | 金沢の日常

雪・ゆき・ユキ...續編?
なんだか飽きることなく雪が降っている。

今朝店に行った時には積雪10cm程度でなんて事もないと思ったのだが、どうやら今日も一日中降って積雪量は金沢でも20cmを超した様だ。
福井方面や新潟方面でもかなりの積雪で交通機関にもかなりの障害が出ている模様だ。
昼前に東京に長期出張している友人から電話で「金沢の雪結構深刻だって?」と聞かれた時も、大したこと無いよって返事してしまったが、そうでもないのかな。

寒気団が居座って、明日も引き続き降り続く様子だが、この程度の雪なら慣れっこといえば慣れっこなので、スルーにしておこう、タイヤも替えた事だし...
毎年2月に行く長岡の雪はこんなもんじゃないし。

さっき写真も撮ってみたが暗くて見られたもんじゃない。
明日の朝にでも綺麗な雪景色を一枚などと呑気な事を考えている。
明日も店の前の雪すかし(雪よけ)しなくちゃな。

しんしんと雪が降り積もるこんな晩に、寝床で読む本は何が良いんだろ。
紺屋の白袴じゃないけど意外に思いつかないもんだ。
郷秋さんに今度お勧めを教えて貰おうかな?

という訳で今日は写真なし。
寒いし早めにおやすみなさい。
[PR]
by chikahachi | 2005-12-14 22:17 | 金沢の日常

雪・ゆき・ユキ...
昨日のエントリでは冬用タイヤへの交換と昨シーズンのトラブルに付いてダラダラと述べていたが、天気予報通り本日金沢では午後から本格的に雪が降り始めた。
これは結構積もりそうである。
雪が降り始めるといよいよ本格的な冬の到来を感じざるを得ない。
モノクロームな世界の到来でもある。
庭のキンモクセイに降り積もる雪をモノクロでアップしてみた。
d0022345_15142410.jpg

私はといえば本日は定休日でもあったので、午前中にタイヤ交換を済ませる事が出来た。
交換前の普通タイヤの内1本が先日からエア抜けが酷いので数日前確認してみたところ、やはりタイヤにぐっさりと木ねじが刺さっていた。
それをスタンドに持って行きパンク修理してもらい、ついでにその分だけ脱着費用が発生するので1本だけスタッドレスに交換して貰った。
それにしても、タイヤ1本当りボルト数が6本の我がハイエースとはいえ、脱着費用が千円とはちょっと高すぎやしないかい?

そんな訳で残りのスタッドレスタイヤ3本は、やっぱり自分で交換する事となった。
そのうちの2本は、9ヶ月程の時間を経てかなりエア抜けしていたので、今後の事も考えてホームセンターで小さなエアポンプを買って来て(千円ちょっとの出費で手に入った)自分で補充する事とした。
バッテリに直結で動かすそれは、手のひらに乗る様な小ささだが実際に動かしてみると結構五月蠅いし、空気圧が上がるのにかなりの時間を要する。
まあしょっちゅう使うものではないので良しとしよう。

そんなこんなで、貴重な休日はあっという間に過ぎていくのであった。
d0022345_1892046.jpg

[追記]雪はどんどん降り積もり、もうすっかり雪景色です。

それにしても

「Blogとは日々更新される日記的なWebサイトの総称」

なの? (しつこい)


[PR]
by chikahachi | 2005-12-13 14:59 | 金沢の日常

飛行機事故

今日1時過ぎ、イギリス人の男性の操縦する軽飛行機(パイパーJ3C-65型G-KIRK)が金沢市窪3丁目の金沢外環状道路山側幹線道路工事現場に墜落したとのニュースが、テレビなどで報じられています。
この男性モーリス・ジョン・カークさん(60歳)はロンドンからシドニーまでこの飛行機で旅行中で、今日は新潟空港を出発して広島空港に向かっていたのだとか。
現場は道路工事中で、幸いにも操縦していたモーリスさんが軽傷を負っただけで済んだ模様です。

飛行機事故といえば金沢では1969年2月8日正午頃、航空自衛隊小松基地所属のF-104J戦闘機が落雷の直撃を受け石川県金沢市泉2丁目に墜落した事故が思い起こされます。
民家17戸が全焼、住民の死者は4名、負傷者も18名に上りました。パイロットは脱出して無事だったそうです。

この日は土曜日で、当時小学生だった私は部活の放送部室で何かやっていたのですが、ふと窓から外を見ると黒々とした煙がどんよりと曇った空に立ち上っているのを発見し、部活終了後に夢中で現場方面へ野次馬に行った記憶があります。
もちろんある程度までしか近づけなかったのですが、当時現場は大混乱でしたのである程度中まで入る事が出来て、機体破片のジュラルミン合金のかけらを拾ってきた覚えがあります。
あの時の破片は何処に行ったのでしょう。

今日のニュースを見て昔の記憶が甦ってきましたので、つい書いてみました。
イギリスの男性の旅行はこれで終わりになってしまうのでしょうか?
60歳の冒険旅行を応援したい気持ちもあるのですが...
[PR]
by chikahachi | 2005-10-21 17:23 | 金沢の日常

金沢城下町マラソン2005参戦記
d0022345_1955834.jpg
ついにその日は来てしまいました、金沢城下町マラソン...
昨夜はなんだかんだとバタバタしていたら、就寝はほとんど12時近くになってしまいました。
寝たのが比較的遅かったにもかかわらず、今朝最初に目が覚めたのはなんと4時頃(汗)
そのころはまだ大降りの雨音が聞こえており、雨ののかを走るのは嫌だな〜等と考えていたら目がさえて二度寝出来ません。






5時過ぎにMacPeople誌の難しい記事を見ていたらうとうとして小一時間程眠れたようですが、携帯にセットしておいた目覚ましの音で6時にはきっちりと目が覚めました。
やはり初出走で興奮しているのでしょうね(汗)
師匠にメールを送って待ち合わせを決めてから、身繕いをして6時40分頃には自宅を自転車で出ました。
この頃にはとにかくも雨はあがっており、何とか無事に走れそうな状況で、ホッと(ガッカリ?)しました。
d0022345_1962528.gif

会場で受付を済ませ、待っていると師匠が現れました。
応援団?も2名駆けつけ、ゼッケンを付け、開会式に参加する頃には嫌がうえにも大会への気分は高揚してきますが、同時に本当に完走出来るのだろうかとの不安も頭を持ち上げてきました。

そうこうしているうちに、路上に降りてスタートの準備です。
ピンクのゼッケンを付けたハーフマラソンのランナー達が8時丁度に競技委員長の合図でスタートすると、いよいよ今度は10kmコースのランナーの番です。
師匠のすぐ後でスタートを待っていたら、30秒前のコールのやや後に何の前触れもなくスタートの合図。
みんなアレアレって感じで拍子抜けしながらもかなりのハイペースでスタートを切ってゆきます。
私はといえば当然そんなペースについて行き様もなく、マイペースでずるずると後団のランナーに追い越されるがままに走り始めたのでした。

裁判所から橋場町の交差点を左折し、武蔵の交差点を更に左折しながら、前のランナーの背中を追いかけていきます。
師匠の背中は当然スタート直後に見失っていますので、淡々と(追い抜かれながら)走り続けます。
目標は完走ですから(汗)
南町を通過し、金信本店前辺りでは自転車で移動した応援団のお二人がカメラを構えて手を振っていますが、ろくにリアクションする余裕とて無く、更に脚を前に進めていきます。
片町のスクランブル交差点を左折する頃にはすっかり公報グループになっている様な気配でした。
(応援団のお二人によれば、金信本店前ではまだ全体の半分より前にいたとの事ですが...)
このあたりで3km弱でしょうか? 

5kmの給水地点前辺りから、先日の練習でも痛み出して今回もと懸念していた膝がまたぞろ悲鳴を上げだしました。
まだ先は長いしこれから上り坂だというのに、先が思いやられます。
給水所で水を膝にぶっかけて冷してみたりします。

三口新町に向かい坂を上りはじめるとどんどん膝の状態が悪くなってきました。
折り返し地点から7kmの給水所まではもう歩いたり走ったりで、どんどん私より高齢の方々にも追い越されていきます。
沿道で小さな女の子やおばあちゃんに「ガンバレー」等と声を掛けられるともう一踏ん張りと走り出しては見るのですが、膝の状態は悪化の一途を辿ります。
工学部前から古田角小立野の通りに出ると後は下り坂、何とかと重い足を繰り出してみますが、ついに膝から砕ける様に転けそうになる始末です。
(古田角→何でこんな誤変換になってしまったのか謎ですが面白すぎるので残しました、ちなみに「こだつの」と読みます。古田角、確かに「こだつの」ですね。9/15追記)

そうこうしている内に、大学病院を過ぎた辺りで後方からハーフマラソンのトップが通過しますので、10kmのランナーは左に寄るようにとのアナウンスが(汗)
ヨタヨタと走ったり歩いたりの私の横を、トップのランナーがまさに疾風のごとく駆け抜けてゆきました。
100mの全力疾走(もちろん私の)かよっ、っていうぐらいのスピードでした(涙)
このランナーはダントツトップだったらしく、2番手以降にはしばらく追い抜かれずに済みました。1kmを過ぎると協議の関係者が「大丈夫か、後少しだぞ」と声援を送ってくれるので、とにかくゴールを目指しました。

あと100m位の地点で、最後ぐらいは走ってフィニッシュをと思いますが、足が付いていきません。
走る体力自体はまだ充分にあり待っているのに情けない限りです。
ゴール前で、師匠が「後少し、ガンバレ」と応援しながら横を走ってくれました。
そして何とかゴールへフィニッシュ!
タイムは...
聞かないで下さい(涙)

ゴール直後、背後から「10kmランナー終了しました〜」みたいな声が聞こえてました。
まあ、完走(走ったといえるかどうかは別にして...)という最低限のノルマだけは果たせた様です。
ICチップで記録されていたタイムと順位を本部脇のテントでプリントアウトしてもらい、今回の競技は何とか終了です。
d0022345_1972651.gif

順位は何と285位!
エントリした人数はプログラムによれば321人なので、出走しなかった人もいるでしょうから30名程がリタイヤだという事でしょう。

師匠は次回もガンバレと仰っておりますが、もう良いでしょう?
ガラスの膝(笑)が長距離を受け付けないようですから...
以上、城下町マラソン参戦記でした。

追記:
膝は現在湿布薬でこんな状態...
d0022345_2158142.jpg


後で画像もアップします。
といっても写真撮っていた訳ではないので、応援団の写真頼みなのですが...
azumi3さん、ヨロシクね。
[PR]
by chikahachi | 2005-09-11 19:05 | 金沢の日常

四万六千日
d0022345_7265786.jpg
そういえば今日18日は四万六千日。
いつものランニングの後、朝食を摂っている時に思い出しました。
前のエントリでもご紹介した唐黍は夜に行ったらもう無かった事があるというので、朝食後に散歩がてら参ってきました。

d0022345_7291668.jpg
最近は朝が早いので余裕です。
ご本尊を拝んで(中は撮影禁止なので正面の写真だけですが)境内で唐黍を買って帰りました。




d0022345_7283023.jpg
観音院の坂や、東山一丁目の家々、店先には今日の日のために飾られた行燈が並びます。
行燈の絵は尾張町の袋物屋のご主人、木倉屋楳荘さんクリフトン・カーフさんの筆になるものです。



d0022345_7293095.jpg
観音院の坂を降りたところにある森山啓の文学碑、女郎蜘蛛が巣を作っていました。
こんなに大きな蜘蛛を見るのは久しぶりなので、つい撮影してしまいました。


d0022345_729597.jpg
帰り道の途中の寿経寺の横にある七稲地蔵
藩政期に飢饉で米価が上がり生活に苦しんだ金沢の人々が、当時は登ることを禁じられていた卯辰山に夜半に大勢で登り、金沢城に向かい「ひだるいわい」と叫んで直訴した、いわゆる「泣き一揆」の首謀者として処刑された七人を祀ったのがこの地蔵だそうです。
今月26日には七稲地蔵尊祭礼があるそうです。
[PR]
by chikahachi | 2005-08-18 23:59 | 金沢の日常

何だか忙しい
やらなければならない事が、ここ数日まとまって押し寄せている。
何の事はないギリギリまでやらないからで、自業自得というものである。
昨日今日と何とか順番にこなしているが、とにかく店の事だけでなく、商店街の事や夏のイベントの事、もうじき開かれる地元での古書展の事、締切りの迫った目録の原稿書き、その他諸々が怒濤のごとく押し寄せてきている。
もう限界かもと思いながらも、どうにかやり過ごしている毎日である。
これを読んでる小学生諸君(いないか)、おじさんを反面教師にして宿題は早めにするんだぞ(笑)
そんな中でも、昨日は雨で行けなかったランニングをまだ続けている自分が愛おしい(汗)
d0022345_17524260.jpg

      元の風景
d0022345_1885176.jpg

      素描風?

忙しいなんていってる割には、こんな事したりして遊んでます。
完全に逃避行動に入ってます(汗)
今晩は、地元商店街の連合会組織の飲み会、ビヤホールで飲み放題の会です。
明日は走れるのか?
[PR]
by chikahachi | 2005-08-11 17:53 | 金沢の日常

今朝は...
昨夜は会議があって、その後久しぶりに「きんた」にいってちょっと飲み過ぎました。
従いまして、今日はは朝から身体が重い(汗)
という訳でいつものスタート地点に立っては見たものの、足は前に出て行きません。
って訳で本日は軽〜くお散歩モードに変更。
そういえば普段は河川敷を歩いているので浅野川にばかり意識が行きますが、川沿いの道を歩いていると右岸と左岸では風景が随分違って見えます。
d0022345_23125124.jpg
右岸はひがしの茶屋街を擁し、金沢の街並み保存地区に指定されている、伝統的な金沢の街並みを残す街並みです。




d0022345_2383551.jpg
対する左岸は橋場町の交差点を中心とした、藩政期よりの商業集積や芝居小屋から映画館に繋がる賑わいの地であったが、現在ではマンションの建ち並ぶ地域となっています。
浅野川を破産でのこの対比はとても鮮やかに感じられますが、初めて金沢を訪れた方にこの風景はどのように映じられるのでしょうか。

天神橋から卯辰山に上がっていく途中で例によって横道に入っていきます。
中腹のマンションから更に横道にそれて民家の脇をすり抜け畑の中を通り抜けると、突然芝生の広場に出ます。
d0022345_23143079.jpg
ここって何?って思いましたが、下りていくと竹林や静寂な散歩道といった作りが、新しいながらも公園造りとして近隣の住民に愛されるに相応しいと感じました。
風格や味は、年と共に備わっていくでしょう。

常盤橋の袂の緑地から上がっていく事が出来ます。
近隣の方以外にはあまり知られていないのではないかと思いますが、静かでとても良い空間だと感じました。

午後からは高岡に例のものを見にいってきました。
大満足の詳細は別エントリで(笑)
[PR]
by chikahachi | 2005-08-09 23:08 | 金沢の日常

ついにスウィッチ・オ〜〜ン! & ガックリ
今日も良い天気、気温も涼し目という訳で、遅まきながらも7時10分過ぎに重役出勤(笑)
いつもの浅野川大橋ー常盤橋コースへ向かいます。

d0022345_11381544.jpg
7時20分にスタートして走り出すと、今日は50m程前方と、対岸に走っている人がいます。
前方にいた人はペースが速かったのですが天神橋でランニング終了、道路に上がって行かれました。
二人目も丁度常盤橋の上ですれ違いましたが、もう歩いておられます。
という訳で、今日は何故か途中から急にスウィッチがオ〜〜ンになり(笑)、なんと無謀にも2セット目に挑戦する気になってしまいました(汗)
お二方の名誉のために申し上げておきますが、このお二人が私が走り出す前にどの位走っていたのかはもちろん判りません。

1セット目が終了してそのまま折り返したのが7時34分頃、今度はそのまま逆向きに走り出しました。
d0022345_11391723.jpg
昨日の鷺が昨日と同じ石の上でおすましポーズを取っておりましたので一枚パチリ。





d0022345_11391210.jpg
2週間前の向日葵がもうこんなになっていたので、これも一枚パチリ。






今日は結構余裕です。
走り始めにちょっとふくらはぎが張った様な感じがありましたが、それも走っている内になくなって、息もそんなには上がっていません。
結局2セット目が終了したのが7時48分頃、2セットとも14分程で走れたという訳です。
ところがっ!このコース4km程と思っていたのが、先程地図上で計り直してみましたら、2.5km弱でした(汗)
以前のエントリも訂正しておきました。
d0022345_1141418.jpg
従って、5kmなら完走は間違いなし、10kmならもう2セット走らなければならなかったんですね(大汗)
この絵は大汗かいたランニング後の私です(再汗)
これ撮った時は、もう10kmも目前だ!などとぬか喜びを致しておりました(涙)
先はまだまだ長いようです...







d0022345_11414332.jpg
今日のオマケは自宅リビングに飛び込んできたトンボ。
逆光でシルエットだけしか判りませんね。

どうでも良い様なお知らせ
[PR]
by chikahachi | 2005-08-08 08:05 | 金沢の日常

今日は涼しい
昨日の雨も上がり、涼しい夏の朝を迎えました。
本日もちょっと寝坊、7時に目が覚めてからうだうだとブログなどを見にいった後、ゆっくりと家を出ました。
どうもこのところ、朝の目的がどっちつかずになってきている様な気がしてなりませんが、それでもいつもの様に携帯は持って出ました。
d0022345_12585956.jpg
今日最初の一枚は浅野川大橋の袂に建つ火の見櫓、とっくに現役を引退し登る人もいないその鉄柱は赤く錆びてはいますが、てっぺんの半鐘は今日も浅野川を見下ろしています。










d0022345_1259343.jpg
さて、いつもの浅野川大橋ー常盤橋コースを快調に?走り出しますと今日はこの前より近いところに白鷺(多分コサギ)が...
カメラを向けたら飛び去りましたが、飛び立つ瞬間を何とか撮る事が出来ました。

d0022345_12592815.jpg
その少し先にはかなり大きいツートンカラーの鷺、アオサギの様です。
ちょっとランニングの足を止めて撮影してしまいました。
それにしても、もう少し寄れるレンズのカメラが欲しい...


気を取り直して、ランニングを続けます。
今日は往復約4kmを17分ほどで廻りました。

d0022345_1303462.jpg
帰りには東山1丁目の裏道をぶらぶらと歩きます。
今日の一軒目は福島三弦店、茶屋街ならではのお店ですね。




d0022345_1303038.jpg
もう一軒は知る人ぞ知るスナックれのん、スナックといっても元々伝統ある仕出し屋さんのお店ですので、料理は何でも美味しい、地元民愛用の店です。



d0022345_1313034.jpg
大通に出ると、この前から気になっていたのですが観光バス駐車場の脇で大きな建物を建てています。
今朝通ると、10月1日オープンの看板が...
昆布と能登の海産物、金沢の味の食事処といった店になる様です。
それにしてもでかい建物です。
[PR]
by chikahachi | 2005-08-07 13:01 | 金沢の日常


古書店の店先を日々通り過ぎてゆく書物や、金沢の風物、事象など思いつくままに書き綴って参ります。        
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 Access Counter


ブログパーツUL5

 Since June 4, 2006

プロフィール


近 八 書 房
(ちかはちしょぼう)

〒920-0854
石川県金沢市安江町1-11
住所をクリックして頂くと近八書房の周辺図が表示されます
TEL/FAX
  076-231-6148
Mail chikahachi@mac.com

AMAZON
近八書房のAmazon
マーケットプレイス
出品一覧はこちらへ!


金沢商店街物語商品一覧
近八書房の
金沢商店街物語
商品一覧はこちら!


「石川の古本屋」
近八書房のページは
こちら


近八の古書徒然日記
URLのQRコードです。
携帯電話へのご登録に
お使い下さい。
近八書房QRコード


ランキング

ブログランキングサイトに登録しました。
下のバナーをクリックして頂くとこのブログのランキングが上がります。
よろしければクリックしてみて下さい。


人気ブログランキング/サイト検索/記事検索が使えるブログ総合サイト


にほんブログ村
本ブログ


にほんブログ村
古本・古書

ぶろーぐ
-ぶろーぐ-ブログ専門
検索エンジン
&ランキング


エトセトラ

ふらっとバス

作ってみませんか
ふらっとバスの
ペーパークラフト


金澤表参道
古本屋が切り取った
金澤表参道の日々


ウィンドウ・ワークショップ
ウィンドウ
ワークショップ
プロジェクト
in 横安江


横安江町絵看板物語
横安江町絵看板物語


リンクなど


金沢商店街物語


横安江町商店街


石川県古書籍商組合


日本の古本屋


アマゾンに出品中!


居酒屋きんた


恩田の森


郷秋<Gauche>の
おもちゃ箱



遠田幹雄です。
どもども、
ドモドモ(^^)v



二代目社長
アドバイザー
リハル。



オーダーシャツ屋
金港堂の日々発見
体をシャツに
合わせるか?
シャツを体に
合わせるか?Ⅱ



富田酒店 我がの
「みちくさ」こそ
我が人生


NEO物語

美味い♪ | akkoのブログ


あるじのブログ

フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
金沢武蔵の人の流れが変わ..
from 中小企業診断士の遠田幹雄です..
総務省
from らんの日記
iPod Touch発表!!
from ぬるいSEの生態
PS3米ダウンロード人気..
from スーパーサイヤ人
地震の石川県金沢市。太陽..
from メガネ店長・金沢鳴和から
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧