Top

タグ:金沢 ( 57 ) タグの人気記事

まだ頑張ってます!
金沢ではここ数日本当に暑い日が続いております。
今日も既にグングン気温が上がり続けているようです。
今日は中二日空けてのランニング、6時40分頃に家を出ました。
この時間だとまだ気温が上がりはじめてないのか、昨日に比べて少し涼しい感じです。

このネタでいつまで引っ張るの?という声が聞こえてきそうな今日この頃、毎日更新のペースに復帰してもう15日目、半月が過ぎた訳です。
その内の十日程は何らかの形でランニングしてきたわけですが、チンタラ走っているのでペースも距離もさっぱり伸びません(汗)
ここは師匠に教えを請うべく、一緒に走って頂くしかないのでしょうか?
d0022345_1159617.jpg
今日は浅野川大橋ー天神橋コースを軽〜く流して参りました。
途中友禅流しをしているのを見かけてパチリ。

帰りは天神橋から上にあがり東山裏道コースへ方向転換。

そんな訳で本日は撮影もあまりせず、さらっと帰って参りました。
d0022345_11591970.jpg
今日のオマケはひがしの茶屋街中央にある洋食屋の自由軒
金沢市民に昔から親しまれている洋食の老舗です。
[PR]
by chikahachi | 2005-08-06 08:39 | 金沢の日常

昨日も、今日も...
d0022345_18272732.jpg
昨日も今日も、歩いてはいるのですが...走ってはいません(汗)
ここ数日は7時頃の出動となっておりますが、もうこの時間には普通に暑いんです(再汗)
という訳で、昨日と今日とで東山界隈の裏通りをうろうろしておりました。







d0022345_18254191.jpg
この辺りはこまちなみ条例などにより、住んでいる方々のまちのあり方への思いが強い様で、住宅の改修によってまちの景観が極力変化しない様に努力をしておられる様子が強く感じられます。
この住居は藩政期の武家屋敷の特徴を色濃く残しており、保存建築物に指定されていました。

d0022345_18274492.jpg
またこの界隈にはいたる所に寺社があり、金沢市がそれらを卯辰山山麓寺院群"心の道"と銘打ち観光資源としてアピールしていますが、尋ねてみるとそれぞれに味わいがあり、早朝の清々しさとも相まって心洗われます。
この写真は宝泉寺、ここからの眺望は有名。
d0022345_18284254.jpg
四万六千日の縁日で有名な観音院にも立ち寄ってみました。
長い石段を登ってゆくと石段の途中には七体の地蔵を祀った祠がありました。
更に登っていくと本堂が見えてきます。


d0022345_1831313.jpg
四万六千日にお参りすれば四万六千日分の功徳が得られるという事で、その日は一日中参拝の人で賑わいます。
毎年旧暦の7月10日(今年は8月18日の様です)に行われ、年に一度のご本尊の十一面観世音菩薩がご開帳となります。

d0022345_18311416.jpg
街角には四万六千日の案内をする張り紙がいたる所で見受けられます。
金沢の夏の風景です。





d0022345_18321897.jpg
また、本堂前では観音院の名が刷られた奉書に包まれている唐黍が売られ、各家庭ではこれを軒先に吊します。
これを吊しておくと、唐黍の毛がもうけにつながるとの事から商売繁盛の、粒が多いところが子宝に恵まれるとの御利益があると信じられています。
これも金沢の風物の一つですね。

今年はうちももらいに行ってこようかな。

d0022345_1857498.jpg
本日のオマケ(笑)はひがしの茶屋街の裏通りにある茶房ゴーシュ
町屋の雰囲気を残したとても素敵な雰囲気の店です。
夜の部もあって、ワインなどを仄暗い店内で楽しめたのですが、今日前を通ったらしばらく夜の部はお休みと書いてありました。
残念っ!

[PR]
by chikahachi | 2005-08-05 18:32 | 金沢の日常

さて、もうランニングネタと云うよりも...
もう殆ど元の主旨は無視されつつある最近のお散歩ネタ。
今日のはエントリを立てるのが遅れて、日をまたいでしまいました。

早朝からデジカメをパチパチ撮る怪しい男が金沢市北部に出没中との記事が、ローカルニュースに流れる日ももうすぐでしょうか?
てな訳で、本日も本来の主旨のランニングもそっちのけで行って参りました、パチパチ散歩。

どうもこのところ疲れがたまっている様で、寝覚めが今ひとつ。
ランニングに対するモチベーションも下がりっぱなしです。

とはいうものの、裏道探訪への意欲は高まる一方で、本日は新規開拓に出かけました(笑)
今日のコースは山の上、旧北国街道コース。
 d0022345_0284062.jpg

このコースはどうしても国道が絡んで、交通量の多い大通りを通らなければ行けないので、三原則に反する部分もあるのですがここはまあ我慢です。




d0022345_032246.jpg
大通りを渡って先ず目に付くのはここ、心蓮社。
名称庭園に指定されているだけあって、とても心安らぐ空間です。
鐘つき堂も堂々の迫力です。




d0022345_033213.jpg
この辺りの裏通りをうろうろしていると、旧北国街道に出ます。
国道の一本北の今では何という事もない裏通りですが、江戸時代は交通の要衝で、参勤交代の道筋でもありました。


d0022345_033442.jpg

その北国街道の片隅に建つ石碑には「石川縣十名所義經旧蹟鳴和瀧」とあります。
世はまさに義経ブーム(笑)、とは全く関係なくひっそりと佇んでいます。










d0022345_0335099.jpg

早速坂を上ってみました所ありました、義経がこの地を旅した時にここで宴をはったのだとか...




d0022345_0343949.jpg

それにしても、木の樋をチョロチョロと流れる水を滝というのはかなり苦しいですね。




帰りは裏道露地露地を辿りなるべく大通りに出ない様に帰ってきました。
名勝や緑あふれる自然もいいですが、狭い露地に立ち並ぶ町屋や生活臭の漂う路地裏、突然匂ってくる焼き魚の香りや、子供を叱る母親の声、老夫婦の庭先での何気ない会話が好きです。
今日はそんな路地裏を充分に堪能して帰った来ました。

ランニング? 少しはしましたよ(汗)
[PR]
by chikahachi | 2005-08-04 00:28 | 金沢の日常

21世紀美術館
今日は色々たて込んでおりまして、エントリ立てるの遅くなりました。
d0022345_2317317.jpg
というわけで?行ってきました「人体の不思議展」(昨日ですが...)
娘はあまり気が向かなかったらしくタヌキ寝入りをしておりましたが、本来行きたがっていた七尾方面にフェイントをかけながら、広坂へ向かうという高等テクニックを駆使しつつ(汗)21世紀美術館に到着しましたところ、なんと駐車場は大渋滞!
d0022345_23181690.jpg
インパクトの強い展示と夏休みの人手が相まって大変な盛況でした。

で、感想はというとかなり微妙です。
娘は怖がりながらもそれなりに人体の神秘性に満足を覚えたようですが...


しかし、確かに人体の神秘を解りやすく見せるという意図は判らなくはないのですが、持ち回りでコンディションが悪くなった展示や、CTスキャンの様に輪切りにされた人体、月例別に並べられた胎児などを見せつけられると、ここまでしなくてもという気分になるのは私だけでしょうか?

展示されている人体は全てご本人もしくは遺族が献体に了解をしてそうなっているのでしょうが、まさかこんな事になっているとは...という部分もあるのでは?
展示されているものの殆どがご老人の身体というのも、妙に気になりました。
あごに残る白髪の無精ひげなどが妙に生々しいのでした。
この展示会の収益が、変な用途に使われることなく、医学の進歩に寄与してくれるのを願うばかりです。

さて、気を取り直して、美術館内部を散策すると、開館の時に行ったのとは随分展示が変っておりました。
定期的に見に来なければと思いました。
d0022345_23192071.jpg
真四角の広い部屋の壁面にぐるりとベンチが設えられただけの部屋、白い壁...その天井にぽっかりと四角いガラス窓。
切取られた四角い空、静かな空間。
こんな贅沢な空間、素敵です。


この美術館、いろんな魅力がある様ですが、本屋目線で見ると、美術書専門の図書室とミュージアムショップに並ぶ、普通の本屋では見られない様な面白い美術書の数々。
これだけでも来た甲斐があるってもんです。
また来ます、21世紀美術館。
d0022345_23213385.jpg
ところで、ポスター掲示コーナーで見つけたこれ、いきた〜い!
高岡なら近いっしょ!!
是非行きます!
[PR]
by chikahachi | 2005-08-03 23:14 | 金沢の日常

ようやく...
今朝も何とか目が覚めて、本日は浅野川大橋ー常盤橋コース奥の豊川稲荷へ四度目のチャレンジ。
今日は何とか順調に走って、ようやく目標の豊川稲荷まで上る事が出来ました。
この坂、結構きついです。

d0022345_102368.jpg

そこで鬱蒼とした竹林に囲まれた豊川稲荷をパチリ。
一休みして下りようとしたら、竹藪の隙間から寺町台が眺望出来ました。



d0022345_1072625.jpg

下り坂をウォーキングでゆっくりと常盤橋まで戻りますが、坂道からふと浅野川を見やると川の水がとても綺麗に見えました。




d0022345_1082937.jpg
自宅付近の小橋辺りとは全然透明度が違います。
そこで常盤橋を渡り、もう少し上流へ歩いてみました。この辺りからは川幅も徐々に狭まり、石がゴロゴロする、昔ながらの河原が現れます。対岸の崖も緑に覆われ爽やかな夏の朝のひとときが味わえます。


d0022345_1091856.jpg
若松橋の手前にこんな豊かな自然があったなんて、普段この付近を自動車で移動している時には全く気が付きませんでした。




d0022345_10104269.jpg
折り返して下流に向かって戻りはじめたところ、カルガモ一家に出逢いました。
ガアガアと賑やかに水面を行進してゆきます。
今日はその他にもいくつかの鳥を見つける事が出来ました。


d0022345_10113018.jpg
常盤橋から少し下がったところにある中州には鷺が二羽、羽を休めていました。
携帯のカメラのズームが貧弱で、寄り切れなかったので判りにくいかもしれませんが、左が白鷺で右はグレーと黒のツートンです。


d0022345_1011372.jpg
もう少し下るとトンビがいました。
トンビは用心深いらしく、しゃがんでカメラを向けるとすぐ飛び立ってしまいます。
飛び去る姿を撮ってみました。
これもカメラの能力と撮り手の技量不足で非常に判りづらいかも...

帰りのコースは歩いたり走ったりのダラダラペースになってしまいました。


d0022345_10124361.jpg
帰り道の途中にあるのは、ブックカフェあうん堂。
ご同業ですが、ブックカフェというオシャレな形態でお店をやっておられます。
とてもオシャレなお店ですので、お近くまで来られてたら是非一度お立ち寄りを。
露地のちょっと引っ込んだところにあるので、最初は判りづらいかもしれませんね。




午後からは娘を連れて、金沢21世紀美術館の「人体の不思議展」を見に行ってこようと思っています。
[PR]
by chikahachi | 2005-08-02 10:01 | 金沢の日常

寝坊しました(汗)
今朝は「もう7時過ぎだよ」の声で目を覚ましました。
どうやら一昨日のイベントの疲れが今頃出た様です。

新聞に目を通してから外に出ましたが、既に気温もだいぶ上がっております。
とりあえず小橋の脇から一番最初に走ったコースで走り始めましたが、身体が重い...
結局小橋から浅野川大橋まで片道を走ったところでふくらはぎが張ってきたので、今日はここでランニングを断念、お散歩に切替えました。

いつもなら起きてから20分位経ってから動き出すのですが、今日は身体も眼が覚めていなかったみたいです(汗)

d0022345_1154041.jpgd0022345_117775.jpg













d0022345_1181668.jpg
kinikodoさんはきっとハードに走ってるんだろうななどと思いながら、主計町の裏通りから暗がり坂を上がり、久保市乙剣宮の脇から尾張町の裏通りを進みます。




d0022345_1185076.jpg
その裏通りの突き当たりにあるのが精進料理で有名な寿屋
ここは何度か新年会や法事などで入って事がありますが、横に土蔵もある立派な町屋造りです。



d0022345_1184945.jpg

寿屋さんの左脇を入って、しばらく進むと加賀人形の老舗、文久2年創業の中島めんやが見えてきます。




d0022345_1193984.jpg


その手前右の民家ですが屋根が一風変っています。
このてっぺんのトンガリは何なんでしょう?








d0022345_1110787.jpg


窓は洋風でちょっと洒落た意匠でかたどられています。
大正か昭和初期に洋館を意識して造られた建物なんでしょうね。









この後ダイエー金沢店の裏から横安江町アーケード街を通り、瓢箪町の通りから小橋を渡り自宅へ戻るという、昨夜のサッカーの試合の様な何とも中途半端な一日の始まりでした。
[PR]
by chikahachi | 2005-08-01 10:21 | 金沢の日常

かなざわまち博
d0022345_11391280.jpg
今朝は朝の散歩にも行けず、10時ぎりぎりに店に行くとまだ開店前の店の前に何だか人集りがしております。
何だろうと思って近づいてみると、かなざわまち博2005「金沢散歩学」横安江の寺院めぐりの集合場所が当店の前だったという事の様です。
まち博を企画している都市環境マネジメント研究所西川さんがいらして、そんなご説明を受けました。
予め云って下されば、早めに開けてお待ち致しておりましたものを...
松本静夫会長からも丁寧なご挨拶を頂き、恐縮でした。

「金沢散歩学」は、郷土の歴史や文学の専門家、研究者の案内で説明を受けながらまちを見て歩くという、金沢というまちを実地に学ぶには最適の好企画。
今日もたくさんの参加者が来ておられました。

本日の講師は、石川県立歴史博物館学芸専門員の長谷川孝徳先生です。
手始めに当店の説明してくださり、次のポイントへと移動して行かれました。
長谷川先生のお話の中に、石井さんや近八(近彌二郎)の様に、昔の古本屋の店主はひとかどの郷土史家でもあり、若い頃は勤め帰りには寄って、店主の蘊蓄に耳を傾けたものだが、最近はその様な店がなくなったとのひと言があり、チクリと心が痛みました。
まだまだ勉強不足なchikahachiであります。
このまち博の協賛イベントとして昨日より開催中のよこっちょでちょこっとのトマトまと大作戦は本日も開催中!
d0022345_11392089.jpg
当店の前も「アートなふるほんBOX」と題したちょこっと箱をディスプレイしてあります。
お近くにお立ち寄りの際は、ちょっと覗いてやって下さい。
[PR]
by chikahachi | 2005-07-31 11:39 | 金沢の日常

まだ続いてます
昨夜からの雨も明け方には上がり、今日も良い天気になりました。
各方面よりの信じられないとのコメントに背を押されつつ、本日も走って参りました。
d0022345_11232021.jpg
対岸のゴール地点、明治時代の火の見櫓の複製を見やり、7時22分に本日のスタートを切りました。
今日はいつもの浅野川大橋からごり屋+α往復コースですが、ごり屋の奧の坂をもう少し行ってみました。
しかし、残念ながら目標としていた豊川稲荷大明神・小玄寺には今日も届かず、その手前の石川県青少年総合研修センターなる施設の駐車場でくじけました。
d0022345_11254578.jpg
この駐車場からは浅野川上流が眺望出来ました。
後で地図を見てみると、もうほんの少しで目標地点だったんですね(汗)


d0022345_11141036.gif

ここで1分ほど息を整え、7時31分再スタート、坂を下って帰ってきました。
これでだいたい5km位は走った事になるのではないかと思います。
ゴール地点到着は7時41分でした。
途中の休憩を入れても19分、少しづつペースは上がってきている様です。
しかしながら、10kmはまだまだ遙か彼方ですね...
家に帰ってシャワーを浴びて洗面所の鏡を見ると、ウェストの浮輪(笑)が少ししぼんで来ている様な気がしました。
この1週間で1kgほど減量出来たようですし、もうこの距離なら足の筋肉痛も出ません。
この1週間の変化はなかなか目覚ましいものです。
何だか他の人にも影響を与えつつある気配が漂い、降りたくても降りられない雰囲気になってきました(汗)

ところで、今日は横安江町商店街のイベントがあります。
長〜い一日になりそうです。
お近くの方はよろしければお立ち寄り下さい。
[PR]
by chikahachi | 2005-07-30 11:09 | 金沢の日常

今日も今日とて
走って参りました。
今日は卯辰山急坂コースへと向かったのですが、昨夜はちょっと夜更かし(午前2時過ぎ就寝)してしまいましたので、ペースが上がりません。
結局松尾神社を少し過ぎた辺りで息が上がりはじめ、ウォーキングモードに切り替えざるを得ませんでした。
残念っ!

本日のコース
d0022345_1221988.gif

赤線部分:がんばって走りました
青線部分:歩いちゃいました(汗)
マップが横長になったので、反時計回りに回転、上が東になります。
7月25日の前半部分とと27日の後半部分のミックスみたいなルートになりました。
やや新鮮味に欠けたルート選択でしたね。
[PR]
by chikahachi | 2005-07-29 09:02 | 金沢の日常

本日はランニングモード
快晴の青空とひんやりとした早朝の空気に刺激され、本日はランニングモード。
浅野川大橋発ーごり屋折り返しコース+αにて頑張ってきました。

ごり屋の先にお稲荷さん(豊川稲荷大明神・小玄寺)があるとの案内板がありましたので行ってみましたが、50mほど行ったら途中から急な上り坂に...
今回は断念しましたが、その内もう少し身体が出来てきたら行ってみたいと思います。
今回のコースは地図上で図ると大まかに4.5km3km程ある様です。
(追記:測り間違いでした(汗))
ほぼ平坦なルートなので、河川敷と上の道路を交互に使い、多少アップダウンも付けてみました(笑)
これを今日は約18分ほどで走りました。
時速15km10km位でしょうか?
初日よりはペースが上がってきました。
大して変っちゃいませんでした(笑)

d0022345_11181871.jpg


終点の浅野川大橋の水面で遊ぶカルガモ達、涼しげなので撮ってみました。




d0022345_11251872.jpg

今日はランニングモードでしたので撮影はたったの3枚。
これは自宅のご近所にある地蔵堂、露地裏にひっそりした佇まいです。



d0022345_11254977.jpg
本日のもう一枚は明治8年創業の加賀麩司「宮田」さん、斜め向かいには麩料理を食べさせてくれる「鈴庵」もあります。
私は入った事無いけど...って入ったとこを紹介しろって突っこみがそろそろ入りそうですね(汗)
[PR]
by chikahachi | 2005-07-28 09:37 | 金沢の日常


古書店の店先を日々通り過ぎてゆく書物や、金沢の風物、事象など思いつくままに書き綴って参ります。        
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 Access Counter


ブログパーツUL5

 Since June 4, 2006

プロフィール


近 八 書 房
(ちかはちしょぼう)

〒920-0854
石川県金沢市安江町1-11
住所をクリックして頂くと近八書房の周辺図が表示されます
TEL/FAX
  076-231-6148
Mail chikahachi@mac.com

AMAZON
近八書房のAmazon
マーケットプレイス
出品一覧はこちらへ!


金沢商店街物語商品一覧
近八書房の
金沢商店街物語
商品一覧はこちら!


「石川の古本屋」
近八書房のページは
こちら


近八の古書徒然日記
URLのQRコードです。
携帯電話へのご登録に
お使い下さい。
近八書房QRコード


ランキング

ブログランキングサイトに登録しました。
下のバナーをクリックして頂くとこのブログのランキングが上がります。
よろしければクリックしてみて下さい。


人気ブログランキング/サイト検索/記事検索が使えるブログ総合サイト


にほんブログ村
本ブログ


にほんブログ村
古本・古書

ぶろーぐ
-ぶろーぐ-ブログ専門
検索エンジン
&ランキング


エトセトラ

ふらっとバス

作ってみませんか
ふらっとバスの
ペーパークラフト


金澤表参道
古本屋が切り取った
金澤表参道の日々


ウィンドウ・ワークショップ
ウィンドウ
ワークショップ
プロジェクト
in 横安江


横安江町絵看板物語
横安江町絵看板物語


リンクなど


金沢商店街物語


横安江町商店街


石川県古書籍商組合


日本の古本屋


アマゾンに出品中!


居酒屋きんた


恩田の森


郷秋<Gauche>の
おもちゃ箱



遠田幹雄です。
どもども、
ドモドモ(^^)v



二代目社長
アドバイザー
リハル。



オーダーシャツ屋
金港堂の日々発見
体をシャツに
合わせるか?
シャツを体に
合わせるか?Ⅱ



富田酒店 我がの
「みちくさ」こそ
我が人生


NEO物語

美味い♪ | akkoのブログ


あるじのブログ

フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
金沢武蔵の人の流れが変わ..
from 中小企業診断士の遠田幹雄です..
総務省
from らんの日記
iPod Touch発表!!
from ぬるいSEの生態
PS3米ダウンロード人気..
from スーパーサイヤ人
地震の石川県金沢市。太陽..
from メガネ店長・金沢鳴和から
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧